トイレの水の流れが悪い……。どうすればいいの?

water_flow
トイレの水の流れが悪くなってしまうというトラブルは、水洗便所においてかなり頻発する出来事の一つです。このような症状が起こっているトイレについては、それを解消するための対応を取らなければいけませんが、一般的な知識としては知られていませんのでここでその対策についてお話しいたしましょう。

トイレの水の流れが悪くなる場合、原因が複数考えられる場合があります。まず一つは、トイレの配管そのものが詰まってしまっている場合。もう一つは、トイレのタンク内に組み込まれている水が溜まる仕組みが正常に作動していないような場合。そして最後に考えられるのが、トイレの元栓などが閉まり水の流れが少なくなっているという場合などです。

まず一つ目の原因の対策から考えてみるとすれば、トイレの配管を交換してみたり、配管の清掃を行ったりすることが適当な対策になります。トイレの配管は時として配管内部の錆などで詰まってしまう場合があります。最近の配管であればまずないのですが、古い配管を使用しているような場合、この配管の詰まりが起こるケースが稀にですがあるのです。

二つ目の原因の対策としては、タンク内部の部品が正常に作動するように行う必要があるでしょう。タンク内部の部品の動作を整えるだけで済むのであればいいのですが、この原因によって水の流れが悪くなってしまうケースでは部品の交換が必要になることが多々ありますので、その分のコストを考慮しておく必要があるでしょう。

そして最後の三つ目の原因を解決する方法としては、閉まってしまった元栓を開栓するだけで大丈夫です。元栓が閉まるようなケースでは、誰かが誤って栓を閉めてしまう人為的な経緯がなければ起こりませんので、その対策も人為的に行うことになります。

以上のどれかの原因を探り、そしてそれに適応した対策を行うことによって水の流れは良くなると思いますので、ぜひこれらの方法を試してみてください。