トイレの水つまりを放っておいたら…

water_clogging
トイレの水つまりは早めに解決しておいた方がいいトラブルです。放置すればするほどに、大変な出来事になってしまいますので、もしその症状に気がついたら自分なりに対処を行ってみるか、もし自分では対処できないと考えられるようなケースであれば専門の業者に依頼をしてそのトラブルを解決してもらうように配慮しましょう。さて、冒頭からなぜこのようなことを言うのかというと、私自身がトイレの水つまりを放っておいた人間の一人だからです。

その水つまりに気がついたのは、何の変哲もない日のことでした。普通にトイレを使って水を流してみたところ、一向にその水が流れずにどんどんと便器の中に水が溜まっていきます。このままでは溢れてしまうと思った瞬間に水はちょうど止まってくれたのですが、もう一度水を流すレバーを回すと確実に溢れ出してしまうことが推測できました。そのため、しばらくそのまま放っておくことにしたのです。この選択は少しの放置であれば正しい判断であったと思いますが、その放置の時間がかなり長くなってしまったことから、この選択が大きな間違いになってしまいました。

私がそのトイレの水つまりを放置していた期間は、半年。その間どのようにしてトイレをしていたのかというと、我が家は1階と2階にトイレが設置されていたことから、詰まった方ではないトイレを常に使うようにしていたので、特に問題なく放置を続けることができました。しかし、半年後にその放置していたトイレをどうにかしようと思ってスッポンを使い詰まりを解消しようとしたところ、全くもって詰まりはとれず、結局専門業者を呼ぶことに。

清掃用具のことならe-takasago.com/ブラシ・ラバーカップ

そして専門業者がそのトイレを確認したところ、中で詰まっていた便にまみれたトイレットペーパーの塊が、放置していたことによって固化しており、普通に取り除くのは不可能であると言われてしまったのです。そのため、便器を取り外す大掛かりな作業を行う羽目になりました。